新型コロナウイルス関連最新情報ページ

2021/8/23

新着情報

【9月6日開始:国内線搭乗時等】ワクチン接種証明またはPCR陰性証明の提示について(第109報:8月23日)
 

本邦帰国時に提示する新型コロナウイルス検査証明について

●イスタンブール空港ほか、ドバイ、フランクフルト等各地において、新型コロナウイルス検査証明書に不備があるとして、日本人であっても本邦行きフライトへの搭乗が拒否される事案が多発しております。
●トルコの一般的な医療機関が発行する検査証明書では、検体欄に「Combined throat and nose swab」と記載されますが、こちらは本邦厚労省が認める検体(PDF)ではないため、搭乗拒否または本邦入国拒否となる可能性が高いと思われます。
●ある事例では、本邦厚生労働省の所定フォーマットと現地医療機関発行の両方のフォーマットを入手したため、本邦到着時に双方提示したが、現地医療機関のフォーマットに不備があったため、本邦入国を拒否されそうになった事例があったとの情報も寄せられております。
●本邦帰国を予定されている皆様におかれましては、航空会社スタッフによる検査証明書の確認に時間を要することがありますので、時間に余裕をもって空港及び搭乗口へ向かうようにしてください。
 また、改めて4月21日付領事メールをご一読願います。
●当地では、原則、トルコ政府指定の検査証明書が発行されるものと承知しております。
 しかし、本邦厚生労働省の所定フォーマットによる検査証明書の発行に応じる医療・検査機関もございますので、本邦への渡航をご検討の方は医療・検査機関にあらかじめ本邦厚労省の所定フォーマットでの発行の可否などをお問合せいただくなど、入念な準備を心がけて下さい。
 なお、当館では厚労省の所定フォーマットによる検査証明書の発行に応じる医療・検査機関に関するお問合せに応じておりますので、必要に応じてこちらもご活用下さい。
2021年4月27日付領事メール第91報
 

トルコ入国、乗り継ぎについて

日本含む一部諸国から直接トルコに入国する場合、PCR検査陰性証明が不要となりました。
 2021年5月中旬以降、日本からのトルコ入国に当たっては、PCR検査の陰性証明書の提示義務が一時的に免除されていましたが、トルコ外務省の発表によれば、同年6月1日以降、日本からトルコへ渡航する方は、「入国前72時間以内のPCR検査証明書」あるいは「入国前48時間以内の迅速抗原検査証明書」の提示が必要になったとのことです。
 ただし、(1)渡航(トルコへの入国)14日前までにワクチン接種を終えた方、(2)入国前6か月以内に新型コロナウイルスに感染し完治した方で、公的機関が証明する文書をお持ちの方は上記証明書は不要となる由です。(2021年6月1日付領事メール第99報)
●トルコ航空は同社の公式ツイッター上で、2021年3月15日からトルコへの渡航者は、搭乗前の過去72時間以内に、政府が指定する入国フォームに入力することが求められることを発表しました。
トルコ航空ツイッター(英文):https://twitter.com/TK_HelpDesk/status/1370354558300532739
入国フォーム(トルコ保健省ホームページ)(英文):http://register.health.gov.tr
2021年3月12日付領事メール第77報
●外国人の空路、陸路(イランとの陸路国境を除く)及び海路によるトルコへの入国/出国に関する新型コロナウイルス関連の制限は、関係当局により定められた/定められる予定の対策に従うことを条件として、解除されました(2020年6月17日付領事メール第50報)
●当地から本邦以外の他国に向かう国際線フライト(乗り継ぎ含む)への搭乗に際しては、航空会社によって邦人の搭乗が拒否される事案が発生しております。本邦行を除くイスタンブール発の国際線フライトに搭乗予定の方は、事前の渡航先の入国可否確認に加えて、航空会社にも必ず搭乗可否をご確認ください(2020年7月21日付領事メール第54報)
 

関連情報一覧、Q&A等

領事メール

【9月6日開始:国内線搭乗時等】ワクチン接種証明またはPCR陰性証明の提示について(第109報:8月23日)
【7月19日開始:予約時の注意点】本邦での海外在留邦人等向けワクチン接種事業について
【重要】特に懸念すべき変異株対象国:トルコの追加指定(第108報:7月6日) 【検体追加】本邦帰国時に提示する検査証明書の様式変更等について(第106報:6月30日)
7月1日からの段階的規制解除等について(第105報:6月28日)
日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ(6月25日)
トルコにおけるワクチン接種:対象年齢を18歳以上へ引き下げ(第104報:6月25日)
トルコにおけるワクチン接種:対象年齢を25歳以上へ引き下げ(第103報:6月22日)
トルコにおけるワクチン接種:対象年齢を35歳以上へ引き下げ(第102報:6月17日)
トルコにおけるワクチン接種:対象年齢を40歳以上へ引き下げ(第101報:6月10日)
段階的規制解除等について(第100報:6月1日)
【再開】トルコ入国時におけるPCR検査陰性結果の提示義務化等について(第99報:6月1日)
トルコにおけるワクチン接種:6月1日から対象年齢を50歳以上へ引き下げ(第98報:5月27日)
ラマダン期間後の段階的規制解除等(第97報:5月16日)
【不透明な状況】トルコ入国時の陰性証明提示義務(第96報:5月13日)
【5月7日以降】ラマダン期間中における販売商品の限定(第95報:5月4日)
外出制限の「例外」とされる方の外出許可取得方法(新型コロナウイルス関連情報(第94報):4月30日)
(Q&A)ラマダン期間中の外出規制強化等について(新型コロナウイルス関連情報(第93報):4月28日)
【4月29日夜開始】ラマダン期間中の外出規制強化等(第92報:4月27日)
【再周知】本邦帰国時に提示する検査証明について(第91報:4月27日)

(第90報以前の領事メールはこちら)

外務省海外安全ホームページ

広域情報(日本における新たな水際対策措置等)
2021年8月11日:水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する新たな指定国・地域について
2021年6月30日:日本帰国・入国時の際の出国前検査の検体について
2021年6月28日:水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する新たな指定国・地域について
2021年6月28日:インドで初めて確認された変異株B.1.617への対応
2021年6月28日:変異株流行国・地域の一部解除
2021年6月25日:検疫強化対象国・地域の追加
2021年6月1日:インドで初めて確認された変異株B.1.617への対応
2021年5月25日:インドで初めて確認された変異株B.1.617への対応
2021年5月19日:スリランカからの再入国拒否(外国籍の在留資格保持者対象)
2021年5月18日:インドで初めて確認された変異株B.1.617への対応
2021年5月12日:インド、パキスタン及びネパールからの再入国拒否(外国籍の在留資格保持者対象)
2021年5月7日:インド、パキスタン及びネパールに対する新たな水際対策措置
2020年12月25日:南アフリカ・オーストラリア・英国に対する新たな水際対策措置
2020年12月23日:英国に対する新たな水際対策措置 
2020年10月30日:感染症危険情報の変更に伴う水際措置等手続の変更について
感染症危険情報
2021年8月13日:全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ及び維持)
2020年3月16日:新型コロナウイルスに関する注意喚起
2020年3月13日:新型コロナウイルスの感染拡大に伴う海外のクルーズ船に関する注意喚起
危険情報
2020年10月30日:新型コロナウイルス感染症に伴う航空便の運休等による出国困難