領事関連

到着したら・・・

 

在 留 届
在留届について
在留届の提出方法
お問合せ先・提出先

滞 在 許 可 証
滞在許可証           
 

 

 

在留届について

 

外国に住所または居所を定めて3ヶ月以上滞在する予定の日本人の方は、旅券法第16条の定めにより、その地を管轄する在外公館(大使館または総領事館)に「在留届」を提出することが義務づけられています。この「在留届」は、総領事館などが日本人の滞在状況を把握し、緊急時の連絡先を確認して必要な援護活動を行うことが可能になるほか、種々の行政サービスの基礎資料となる重要なものです。

 

在外公館では「在留届」により皆様が当地に在住していることを知り、たとえば次のような領事サービスに役立てています。

 

(1)万一、海外で重大な事件・事故に巻き込まれたり思わぬ災害などが発生したときに、皆様の安否の確認、情報の提供、留守家族への連絡、援護活動などのために活用されます。


(2)紛失したり盗難にあった日本人の持ち物が拾得され、警察や個人から日本総領事館に届けられると、「在留届」により持ち主が確認され、直ちに本人に連絡されます。


(3)「在留届」が提出されていれば、各種証明書の申請のときに手続きがスムーズになります。


(4)「在留届」は、海外在住の皆様のために政府が長期的な教育、福祉、安全などの施策を検討するための基礎資料となります。


(5)海外に在住する義務教育年齢のお子様に日本の教科書の無償配布を行う際に利用されています。


(6)「在外選挙」のための選挙人登録をする際の居住確認資料となります。

 

なお、「在留届」は、提出者のプライバシーを守るため、公表はしておりません。管理は厳重に行われます。在留届の提出方法には次の2通りの方法があります。

(1)在留届電子届出システムを利用する。追加・変更の際に便利です。

(2)在留届用紙を入手し、窓口、郵送、FAXで提出する。

 

 

 

 

 

在留届の提出方法

 

1.在留届電子届出システムを利用する


「在留届電子届出システム」(ORRシステム)により、皆様の自宅や学校、オフィスのパソコンからインターネットを通じて簡単に在留届を提出することができます。在留届が未提出の方は、このシステムを利用して是非提出していただくようお願い致します。

 

 登録はこちらから

 

現状では、本システムにて届け出られた方のみ、本システムを使用して帰国の連絡や住所変更などができるようになっています。本システム以外の方法により「在留届」を提出済みの方は、現在のところ、このシステムを使用しての帰国、住所変更などの届出ができませんのでご了承願います。

 

2.在留届用紙を入手し、窓口、郵送、FAXで提出する

 

「在留届電子システム」による登録が出来ない場合、直接届出用紙を総領事館に提出することも可能です。


在留届の用紙は、日本国内の旅券取扱窓口のほか、大使館または総領事館の窓口で入手するか、下記よりダウンロードすることも可能です。また、遠隔地に居住されるなど直接窓口に来られない方は、郵送で入手することが出来ます(この場合、切手を貼った返信用封筒を同封の上、届出用紙を請求して下さい。提出は総領事館に直接お持ちになるか、郵送、FAXでも可能です)。
なお、窓口での届出の際には、旅券と合わせて日本の自動車運転免許証など本籍地を確認できるものがあればお持ち下さい。

 

     在留届ダウンロード(PDF)

 

在留届のお問い合わせは、

ezairyu@mofa.go.jp で 受付けております。

 

在留届を提出した後に転居や家族の移動などで記載事項に変更が生じたときや帰国するときは、必ずその旨を総領事館に郵送、FAXまたは電子メールでご提出下さい。変更用紙は総領事館の窓口で入手するか、下記よりダウンロードすることも可能です。郵送にて帰国届・転出届、記載事項変更届の用紙を入手されたい方は、切手を貼った返信用封筒を同封の上、届出用紙を請求して下さい。

 

     帰国届・転出届ダウンロード(PDF)  
     記載事項変更届ダウンロード (PDF)

 

 

お問い合わせ先及び提出先

 

在イスタンブール日本国総領事館の管轄地域にお住まいの方で在留届を窓口に提出される方は当館領事班へ提出をお願いします。

 

管轄地域:アイドゥン県、イスタンブール県、イズミール県、ウシャク県、エディルネ県、キュタヒア県、クルクラーレリ県、コジャエリ県、サカリヤ県、チャナッカレ県、テキルダー県、デニズリ県、バルケシル県、ビレジック県、ブルサ県、マニサ県、ムーラ県、ヤロヴァ県以上、18県

 

上記以外の県にお住まいの方は、在トルコ日本国大使館(所在地:アンカラ県アンカラ市)に提出して下さるようお願い致します。

 

 

なお、本件に関するお問い合わせ先及び「在留届」の提出先は次の通りです。

 

 

在イスタンブール日本国総領事館
Consulate-General of Japan at Istanbul
Tekfen Tower 10th Floor
Buyukdere Caddesi No:209
4 Levent 34394 Istanbul, TURKEY
TEL:90-212-317-4600
FAX:90-212-317-4604

E-Mail: ryoji@it.mofa.go.jp

 

 

 

 
 

 

滞在許可証(イカメット)
 

 

トルコ国内に90日以上滞在するすべての外国人は、ビザにより許可された滞在可能期間にかかわらず、入国後1ヶ月以内にトルコ移民管理局に対して滞在許可証(トルコ語でイカメット「ikamet」)を申請しなければなりません。ただし、トルコの労働許可証を所持している場合には滞在許可も兼ねるため、滞在許可証の申請は不要です。
 

イカメットを申請するには、まず移民管理局のホームページ(www.goc.gov.tr)を通じて、住所を管轄する移民管理局での面接日のアポイントを事前に取り付け、面接日当日に必要書類を提示して行います。必要書類の詳細につきましては、移民管理局へお問い合わせ下さい(照会受付専用電話:157)。
 

特に、労働許可証を所持した世帯主の帯同家族がイカメットを申請する場合、世帯主の警察証明書(犯罪経歴証明書)の提出が求められます。警察証明書の申請は当館にて受け付けておりますが、申請から取得までに2ヶ月程度を要することから、早めに警察証明書を申請しておく必要があります。
 

イカメットは、所持者の身分とトルコ国内での合法的滞在を証明するものであり、常時携帯することが義務づけられています。
 

滞在許可証(イカメット)を取得していない外国人の滞在可能期間について 
イカメットを取得していない外国人の滞在可能期間は、「過去180日のうち合計90日まで」となっています。例えば、過去180日のうちトルコに80日間滞在し、一旦出国して戻ってきたとしても、最長10日間の滞在許可しかもらえないことから、注意が必要です。