邦人の犯罪被害例

 

 

 

邦人の犯罪被害例

 

 

平成22年2月21日 当館管轄地域における邦人の犯罪被害例
平成22年3月17日 当館管轄地域における邦人の犯罪被害例
平成21年12月4日 当館管轄地域における邦人の犯罪被害例

 

 

領事情報トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年2月21日

 

在留邦人の皆様へ                    

 

総領事館からのお知らせ
(最近の犯罪被害例)

 

1.銀行ATM機へのスキミングマシン取り付け
(1)過日,イスタンブール市内カドゥキョイ区の銀行ATM機のカード差し込み口に,スキミングマシン(磁気カードに書き込まれている情報を読み取る機能を持った装置)が取り付けられているのが発見されました(別添参照)
(2)被害者の有無等は確認できていませんが,今後,同様の手口でATMが狙われることも考えられます。ATMを利用される際は,十分ご注意下さい。

 

2.タクシー料金の不法請求
(1)時間的に5分,料金的には5リラとかからない場所まで50分かけて連れて行かれた上に45リラという法外な料金を請求され,更に,支払い時に差し出した50リラ札に対し,5リラ札しかもらってないとしてすり替えて突き返され(50リラ札と5リラ札は色彩が類似している),結局,50リラ+45リラを支払わされたという事案が発生しています。また,外国人だけを乗車させた上,料金メーターを作動させずに法外な料金をユーロ通貨のみで支払うよう強要しているとのことです。更にメーター機器に細工を施し,料金表示の上がる度合いが不正に変更されているケースもあるようです。
(2)タクシーは,タクシー乗り場やホテルから乗るようにし,「流し」のタクシーに乗らないように心がけて下さい。どうしても流しを利用する必要がある時にはタクシーのドア部分に所属タクシー会社が表示されている車輌は比較的安心できる目安の一つとなります。万が一,被害にあった場合にはタクシー車輌ナンバーを書き留めたうえで人気のあるところ駐車させ,警察に行こうと運転手に冷静に求めて下さい。警察によれば被害にあった場合には被害届を出すと共に,タクシーの車両ナンバーを通報して欲しいとのことです。

 

3.スリ
(1)トプカプ宮殿において,人垣ができ天井を撮影しているので何があるのだろ
うと一緒になって見ているといつの間にかバッグが開けられ,旅券,財布が盗まれたり,ブルーモスクを見学中ガイドの説明を聞きながら天井を見ているうちにカバンから財布等を盗まれた事案が発生しています。
(2)この手の犯罪はほぼプロ集団の犯行とのことです。鞄や上着,ズボンのポケットなど盗まれやすいところには貴重品等を保管しないようにし,ディバックやショルダーバッグなどはしっかりと体の前方に置く事が大切です。

 

 

 

 

 

平成22年3月17日

在留邦人の皆様へ                    

 

総領事館からのお知らせ
(当館管轄地域における邦人の犯罪被害例)

 

最近の当館管轄地域における邦人の犯罪被害例を以下のとおり紹介します。

 

1.性犯罪の届出

 

●事例(1):女性の邦人旅行者が、イスタンブール市内スルタンハフメット地区に所在する特定の絨毯屋において、強姦被害に遭ったとの訴えを警察に届け出た事案がありました(当地3紙でも報道)。昨年から同店関係者による、店内監禁、威嚇行為などにより強引に絨毯を購入させられた、あるいは性的暴行を受けたという苦情が、相次いで寄せられています。手口は、同地区付近を1人で歩いている、特に女性旅行客を狙って、悪質な絨毯屋関係者が日本語で声を掛け、多数の日本人の名刺を見せたうえ、さも親切そうに観光地を案内したり、食事をごちそうする等して警戒心を解かせた上、「近くに良い絨毯屋がある(トルコで数少ない絨毯鑑定士がいる)から見るだけでもいいから行こう。」などと、言葉巧みに誘い込んだうえ上述のような行為に及ぶといったもののようです。


●対策(1):観光地で、日本語等で親しげに話しかけてくる外国人がいても、絶対に気を許さず、相手の下心や自分が犯罪行為や危険に巻き込まれる可能性を考え、きっぱりとした態度で無視しましょう。話しかけられても無視して歩き去る、それでも付きまとわれる場合は、近くの人や商店、レストラン等に助けを求めるなど、きっぱりと拒否する態度を示すことが大事です。


●事例(2):夕刻、女性の邦人短期旅行者が、イスタンブール市内旧市街ギュルハネ公園沿いの城壁近辺(トルコ国鉄高架下)で強盗強姦被害に遭いました。この旅行者は、エジプシャン・バザール付近のバス停で腰掛けていたところを外国人男性に話しかけられ、ちょうど滞在中のホテルへの戻り方がわからなかったので場所を聞いたところ案内してくれるとのことでついていったとのことです。


●対策(2):観光地で、日本語等で親しげに話しかけてくる外国人がいても、絶対に気許さず、相手の下心や自分が犯罪行為や危険に巻き込まれる可能性を考え、きっぱりとした態度で無視しましょう。話しかけられても無視して歩き去る、それでも付きまとわれる場合は、近くの人や商店、レストラン等に助けを求めるなど、きっぱり拒否する態度を示すことが大事です。

 

2.拉致未遂事件の発生


●事例:真昼、在留邦人が、イスタンブール市内ルメイリヒサール界隈を散歩中、車を運転するトルコ人に声をかけられ、車内に引きずり込まれそうになった事案が発生しました。同女性は、白のバンを運転するトルコ人に追い抜きざまに声を掛けられ無視しましたが、男は再度バンをバックさせて近づき、執拗に声を掛けた挙げ句、犯行に及ぼうとしました。幸い、たまたま車輌が通りかかったため、男は逃げたとのことです。


●対策:人通りの少ない場所を散歩しない、やむを得ない場合は、単独行動を避け、目立たない服装で外出されることを心掛けて下さい。

 

3.キャッシュカードのスリ


●事例:1月1日、男性の邦人旅行者がスルタンアフメト地区所在のATMでクレジットカードを盗まれ、限度額一杯まで引き下ろされた事案が発生しました。同旅行者は、クレジットカードによるキャッシングをしようとした際、背後に人の気配を感じたので振り返ったところ2名の男がおり、怪しい人でもなさそうなので自分がATMの操作がわからないので教えてくれるのだろうと思い、そのまま操作を続けたところ、暗証番号を入れても画面が進まず、結局カードも戻って来なかった。30分後、カード会社に連絡したところ、既に限度額一杯まで数回に亘って引き下ろされていたとのことです。


●対策:被害者によれば、恐らく背後に居た男が自分に話しかけているうちに、カードをATMから抜き取り、自分が入力する暗証番号をしっかり覚え、近くのATMで急いでキャッシングしたのであろうとのことでした。ATM利用の際には、前後左右に不審者がいないか確認したうえで行うよう心掛けて下さい。

 

4.タクシー料金の不法請求


●事例:12月下旬、在留邦人が高額のタクシー料金を請求される事案が発生しました。同邦人は、メーターが初乗り料金であることを確認したのにも拘わらずメーター料金が高額になりつつあることに不思議に思い、注意してメーターを見ていたところメーターのあがる度合いがいつもより大きいことに気がついたとのことです。


●対策:親切で良心的なタクシー運転手もおりますが、メーター機器に細工を施す、メーター料金以上に請求する、道が混んでいるという理由や一方通行と言う理由で回り道をする、等といった悪質な運転手も散見されます。確実におかしいことに気がついた際には人気のあるところ駐車させ、警察に行きましょうと運転手に冷静に求めて下さい。

 

5.旅券盗難


●事例:3月3日及び同4日、ツアーに参加中の邦人旅行者が、トプカプ宮殿を見学中、知らぬ間にバッグが開けられ、財布、旅券等が盗まれました。


●対策:トプカプ宮殿、ブルーモスクなど観光地での旅券盗難が後を絶ちません。
特に混んでいる際の見学には所持品に十分気をつけるようにお願いします。

 

 

平成21年12月3日

在留邦人の皆様へ   

                 

総領事館からのお知らせ
(当館管轄地域における邦人の犯罪被害例)

 

当地在留邦人、及び当地を訪れる邦人旅行者が年々増加傾向にあることを踏まえ、安全にお過ごし頂くための一助として、当館管轄地域における邦人の犯罪被害例を紹介することに致しました(前月の被害例は以下のとおりです)。
なお、当館ホームページにおいても「当館管轄地域における邦人の犯罪被害例」としてアップする予定ですのでご参考にして下さい。

 

1.財布・旅券盗難
平成21年11月26日午前11時30分頃、トプカプ宮殿を観光中、知らないうちにバッグが開けられて財布、旅券が無くなっていた。
【当館注】混雑した中で天井のみに神経が集中し手荷物に注意が行き届いていないところを狙われたと思われます。この手の犯罪が非常に多い。

 

2.旅券盗難
平成21年11月23日昼前、食事のためDivan City Hotel近辺(ガラタサライ・スタジアム周辺)に路上駐車した。食事から戻ったところ、後部座席窓ガラス窓が割られドアが解錠されており、トランクに置いていた手荷物が盗まれた。
【当館注】恐らく路上駐車したところを犯人が見ていたと思われる。然るべき駐車場、或いは駐車スペースに駐車することをお勧めします。

 

3.旅券盗難
平成21年11月20日午前10時30分頃、ブルーモスクを観光中、知らないうちにバッグが開けられて旅券がなくなっていた。
【当館注】上記1.に同じ。