総領事挨拶

 

9月9日に着任いたしました江原功雄と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

私は、外務省において、中東、エネルギー、国際経済、経済協力などの分野に携わって参りました。ヨーロッパ、中東・北アフリカ、中央アジアや中東欧の諸国に囲まれ、ボスポラス海峡を有し、従って、地政学的に極めて重要な場所に位置するイスタンブールにこのたび赴任できましたことは、私の望外の喜びとするところです。

 

 

今日、イスタンブール及びその近郊には、約1600人の邦人の皆様が居住し、加えて、今や世界一の発着便数を誇る空港に成長したアタチュルク国際空港には毎日多くの邦人観光客が訪れる中で、邦人の皆様のための領事業務に慰労なきを期さねばならないと、身の引き締まる思いでおります。

また、本年は、日土友好125周年の節目の年です。イスタンブールのみならず、トルコ全体が、日土双方の先達の皆様の政治・経済・文化等の分野における営々たる御尽力と諸交流により、極めて親日的であることは誠に喜ばしいことです。この良き関係に甘んじることなく、友好関係を更に前進させるべく、精一杯努力して参りたいと思います。

 

御助言、ご意見を頂ければ幸甚でございます。皆様のご健勝とご活躍を心からお祈り申し上げております。

 

 

2015年9月
駐イスタンブール総領事
江原 功雄